コストパフォーマンスに優れている尼崎のデリヘルで息抜きを

DeliveryHealth

自宅?ホテル?デリヘルで遊ぶ場所を指定するときのポイント

独身者は自宅、既婚者はホテル。これがデリヘルで場所を指定するときの基本です。もちろん、一部例外もあります。たとえば単身赴任中の既婚者です。アパートやマンションなどで1人で暮らしていれば、自宅でも特に問題はないでしょう。独身者でも、彼女や同居人がいるようならホテルを選んでおいたほうが無難です。コンパニオンと遊んでいる最中に、彼女が突然自宅に来たら言い訳するのはほぼ不可能でしょう。
自宅でのデリヘル遊びは、ホテルとは違いいくつか注意点があります。まず、浴室やトイレのない自宅にコンパニオンを呼ぶことはできません。例えば、会社や学生の寮です。デリヘルのサービスには、コンパニオンがシャワーを浴びる時間も含まれています。設備が整っていても、空になった弁当箱や雑誌が散らかっている汚い部屋では、たとえコンパニオンが自宅に来たとしても依頼を拒否される可能性があります。顧客の自宅なら、どこでも構わないというわけではないのです。
費用は自宅よりもホテルのほうがかかります。自宅で最低限支払いが必要なのは、コース料金とコンパニオンの交通費です。ホテルでは、これにホテル代を足すことになります。ホテルの場所によっては、自身の交通費も必要になるでしょう。